令和4年 春季彼岸会

令和4年 春季彼岸会 おはぎ

昨日は春季彼岸会を
厳修いたしました!
お檀家の奥様方が作ってくださった「おはぎ」をお供えし、
沢山の霊位をご供養させて
いただきました。

お彼岸とは仏教徒の
修行の期間です。
日蓮宗の修行は
御題目 「南無妙法蓮華経」を
お唱えする事です。

「南無」とは帰依するという意味で、
分かりやすく言いますと、
人生の柱、人生の指針にしていきます。
という誓いの言葉です。

では何に帰依するのか?
「妙法蓮華経」です。

「妙法蓮華経」とは何か?
仏様の大慈大悲です。

仏様の大慈大悲とは何か?

現代に生きている私たちが理解しやすい言葉を使うとしたら

「愛」です。

とりわけ「究極の愛」です。

私達には「愛」があります。

両親への愛。
兄弟への愛。
パートナーへの愛。
そして我が子への愛です。

仏教で良く譬へられるのは、
仏様の大慈大悲(究極の愛)は
我が子への愛が1番感情的に近いと言われております。

私たちと仏様の愛の違いは
その大きさです。

私達は大抵の場合、近しい者にしか愛する気持ちを持つことは出来ません。

しかしながら仏様は、
我が子を想う愛情のように
世界中の生きとし生けるものを
愛する心をお持ちなのです。

この仏様の
大慈大悲(究極の愛)の御心、
究極の愛の真の名前こそが
「妙法蓮華経」なのです。

「妙法蓮華経」=「愛(究極の愛)」

その仏様の大慈大悲であり究極の愛である「妙法蓮華経」と同じ物が私たちの心には生まれながらにして備わっています。
しかしながらこの心はまだ開花しておらず、種のままなのです。

真の名前「妙法蓮華経」をひたすら唱え続ける事によってその種が目覚めるのです。

その為に我々日蓮宗はお題目をお唱えいたします。


日蓮宗は

仏様の心「妙法蓮華経(愛)」

諸天善神の心「妙法蓮華経(愛)」

私たちの心の中にある「妙法蓮華経(愛)」を
信仰しているのです。


分かりやすく言ってしまえば



私たちの信仰対象はです。




お彼岸は仏教徒の修行の期間です。
お墓参りももちろん大切な修行ですが、
自分の心(愛)を鍛え直す為の期間です。
春のお彼岸も残り2日。
お題目修行、
そして愛ある思考・行動を心がけて、
自分の中にある

「妙法蓮華経(究極の愛)」の種を育てていただければと思います!




あなたの心に
南無妙法蓮華経(^人^)




#日蓮宗 #妙法寺 #島根 #益田市 #お寺 #お彼岸 #おはぎ #お題目 #愛 #寺#御朱印 #御首題  #寺ヨガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA